はしのん初級セミナーご感想>>

はしのん様

昨日はありがとうございました。

自分が残念な人、ひどい人ということが、わかりました^^

そんな人なのに、本当の自分に気付いた時、なぜかスッキリしました。

私は家族の尻拭いばかりさせられて、私ばっかり損している被害者だと思っていましたが、こんな傲慢な私でも許されて生きている事に気づきました。

なーんだ、私は損ばかりじゃなかった←これも傲慢(^^;

家族を見張るのをやめるのも、抵抗している自分がいるけど、できるところからやってみます。損しそうでいやだけど、楽になれそうな気がするから…

他の方のお話も聞けてよかったです。

グループカウンセリングは素敵な企画ですね^^

ありがとうございました!

(匿名希望さま)

⇒他のお客様の声をもっと見る

母親とのことで、カウンセリング前よりもはるかに罪悪感が減っています。

「母がやってくれたことは、自分がやりたくて、好きでやったことなのだから、別にお返ししなくてもいい」とか、

「母の満足度まで私が面倒見る必要はない。」とか、

「罪悪感を感じてる自分に○をつける」とか、

この辺のことって、今まで自分でもいろんなものを読んだりしながら言い聞かせてきたけれど、どうもうまくできなかったです。

はしのんさんに上記のようなことを言ってもらったことによって、気持ちが軽くなっています。

やっぱり、自分ひとりであれこれやるのと、誰かに聞いてもらって言ってもらうのとでは、全然違うなと思いました。

はしのんさんがいろいろ質問してくれるけれど、
自分のことって本当によくわからなくて、うまく答えられないことばかりでした。

縦に掘り下げてくれようとしているのに、私の回答が横に広がりあちこちとっちらかってしまい、やりにくかったんじゃないかなあ、と。

とっちらかった一つ一つを、その都度丁寧に聞いてくださって、たくさん参考になる考え方をもらいました。

(Tさま、一部抜粋)

⇒他のお客様の声をもっと見る

カウンセリングありがとうございました。

自分では何を伝えたいのか、わからないまま話をしていましたが、はしのんさんには、理解できてる感じが伝わり、そこから安心出来ました。

そして、原因の根本が、そこだったか~
それに向き合うのか~とわかりました

自分は、そう思ってたんだ~と、

今はとりあえず、向き合うと、すごくしんどいです

悔しくて…
健気だった自分が可哀相で…

そこから関連することを思い出して、泉のように湧き出してます
悔しいことが。

(中略)

ただ、子供に感情が爆発しなくなりました
それに、自動になってるわと、気がつく機会が増えました。

(Mさま)

⇒他のお客様の声をもっと見る

はしのんさん、こんにちは。

子どもの不登校きっかけでカウンセリングしていただいたIです。
昨日気付きがあって、報告したくてメールしました。

子どものことは、学校に行こうが行くまいが、何をしようがしまいが、この子は大丈夫だし素晴らしいし愛してるわ~って思えるようになってきていました。

でも、私が子どもに悪影響与えてるんじゃないか・いらんことしてないか・必要なことができてないんじゃ、子どもは素晴らしいのにって不安がぬぐえずにずっとモヤモヤ過ごしていました。

で、ふと昨日

「あれ、私って自分のことを、素晴らしい子に悪影響与えるダメな人って思ってる…?どうせ私は素晴らしい、なのに。

はっ、素晴らしいって、私がこの子に感じてる素晴らしいと一緒の素晴らしいってこと?」

と。

頭は「イヤイヤあり得ない。私がこの子と同じように素晴らしいとかナイナイ。」って言ってるけど、心が「そうだよ!子どもも私もみんなも同じ素晴らしいだよ!」って。

びっくりしました。

「どうせ私は素晴らしい」って呟いてみたらめっちゃ言い辛いし。

今までさらっと言えてたのに、自分のこと全然素晴らしいって思ってなかったようです。

みんなこの素晴らしいだったなんて知らんかったというか、分かってなかったというか、忘れてたというか、なんだろう素晴らしすぎて言葉になりません。

何これ…、来たこれ(笑)

この素晴らしいが前提なら、そりゃー大丈夫だなって笑えました。

今までもそうだったと思うと、なんて独り相撲…。

はしのんさん、私にヒントやきっかけを与えてくださってありがとうございました。

これから気楽に楽しく生きていけそうです。
(Iさま)

↓同じ方(Iさま)後日談(´∀`*)↓

実は、現実が変わってきた後日談もありまして。

これまで、子どもが好きなときだけ登校してることについては、学校からも「とりあえずOKだけど、普通登校を目指しましょう」と言われていました。

が、昨日の面談で言われたことは↓

「息子君を見てると、学校に来ること・大人が来させようとすることが本質的にいいことなのか考えせさられる。」

「先生達に、本当に子どもを尊重するとはどういう事か考える流れができて、いい方に変わってきてる。」

「息子君には、大人が大丈夫かなって思う気持ちを超越したものがある。」

「大人の方の、見守る勇気ですね。」

と、晴れて自由登校に!

びっくりです。

一番最初はお母さんが甘やかしてるからとか、こんなの認められないとか色々言われたのに…って自分がそう思ってたってことですね。

うわ~(笑)

本人は最初から自由に登校してたんですよね。

周り=私が問題視してただけで。

でも、なんか知らんけど息子があまりにも大丈夫そうなんで、いつまでも問題視し続けられませんでした(笑)

ほんと素晴らしい子なんです。

そしてまさかの、自分も同じく大丈夫で素晴らしいという…。

あんなに苦しい大丈夫じゃないもうだめだこれ以上批判されたら死んじゃうって思って…あ~~~~(笑)

仁さんの言う大爆笑ってこれか~。もう笑うしかない~。

はしのんさんのカウンセリングを受けて、自分の心と向き合うコツ?が何となく分かって、過去と向き合い、アドバイス通りにやりたいことをやり(ピアスを開ける・着物を着る・走る・歌う・着飾る・毎日昼寝する・鬱陶しいことをもういいやんで終わらせる・神社ミッション・お母さんバンジー等々)、やりたくないことをしない(何日も掃除しない・洗い物を次の日に持ち越す・子供のけんかの仲裁しない・愛想笑いしない・嫌いな人と付き合わず無視する等々)を実行して、魔法の言葉を呟いてるうちに、来ました。

それから、このタイミングで主人が転職したいと言い出したんです。なんか変わってきてるのかな。私は何しようかな~。これからどうなっていくか楽しみです。

はしのんさん、本当にありがとうございます。

あなたと出会って私は気付けました。もう感謝しかないです。

あ、仁さんにもありがとうです。ついでっぽくなっちゃったけどいっか(笑)

(Iさま)

⇒他のお客様の声をもっと見る

こんにちは。
先日はセッションをありがとうございました。初めてのことでもあり、スカイプも自分だけで使ったことがなかったので、「リラーーックス」と自分に言い聞かせながらも最初はかなり緊張してしまいました。まず変わったなーと思ったことは、授業であまりテンパらなくなったことです。特に初めての授業では学生のこともわからず、焦って緊張しまくり→反省の日々だったのですが、「私は私のままでいい。まず私が授業を楽しまないと、学生が楽しめるはずがない!」と考えるようにしたら、なんだか楽しくできました。

準備したPPTファイルを忘れたり、コピーし忘れたり、という失態があったにもかかわらず(いつもならへんな汗を流して心臓バクバクいってるような状況)、あーー、じゃあこうしよう、ちょっと待っててもらおう、と冷静に動くことができたのです。

と同時に、私ってビビリのくせに、ほんまに詰めが甘いよなーーと再確認。

でもいつものように大反省+自己否定にならず、「こんな私もマル」って思うようにしたら受け入れることができました。

本を読んでるだけでは、実践してもなかなか心に響かなかったのですが、はしのんさんに実際ことばを投げかけてもらって実践+実感できるようになった気がします!

旦那さんとは相変わらず激しく言い争うこともありますが、そのたびに「私なんでこんなに腹立ってるのかな?」って考えるようにしています。でも、まだまだ怒りの対処は難しいです。もやもやしてしまいます。

とりあえずは、少しづつですが、自分が楽しむ、嫌なことをがまんしてやらない、を実践しています。

いつもはブルーになりがちな学期初めの4月も、自分の変化が楽しみで、日常生活が違った風景に見えています。

セッションは思い切って受けてみる価値が大いにありました。

はしのんさん、お話聞いてくださって貴重なアドバイスもたくさんくださり、本当にありがとうございます。

(匿名希望さま)

⇒他のお客様の声をもっと見る

今日はお時間を取っていただいて、どうもありがとうございました。

帰り道から眠気が強くて、今日は帰宅してずっと寝ていました。
まだうまく言葉にならないものも感じつつですが、感想送ります。

時間的なこともあり、かなり表面的な説明しかできなかったのですが、はしのんさんのレスポンスが深いポイントを拾っていただいてる感じがしました。

いくつか言葉を言ってみた時にまさか自分が笑うとは思ってもみなくて、自分でも驚いて。

また、終わってから引っかかっているキーワードが出てきているので、あぁここに何かあるのだろうなとも。

私は身体の反応がとても敏感で、自分でも予測できないことが多く。
そんなとっても怖がりな所も踏まえて、安心したやり取りができていけたら何より嬉しいなぁと思います。

改めまして、今日はどうもありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ

(Kさま)

⇒他のお客様の声をもっと見る